骨粗鬆症の人は、日本だけで500万人はいるなんですね。では、骨粗鬆症とは、一体どんな病気なのでしょうね?骨粗鬆症を手軽に説明すると、骨密度が減少し、骨がスカスカになってもろくなってしまう病気です。普段はあまり意識することがないのですが、骨も毎日新陳代謝を行っています。古くなった骨は破壊され、その破壊された部分に新しく作られた骨を埋め込んで形成されているのです。正常ですと、バランス良く古い骨と新しい骨が入れ替わるのとは言え、骨粗鬆症になると、このバランスを上手に保つ事が出来なくなります。古い骨が破壊されるばかりで、その破壊のスピードに新しい骨の形成が追いつかなくなってしまうでしょうね。実は、この骨の形成には色々なホルモンが関係しているなんですよ。そのなかでも、骨の成長に重要な働きをしていることが女性ホルモンです。女性に圧倒的多く骨粗鬆症がみられるというのは、この女性ホルモンの減少が原因になってしまうでしょう。女性は五十歳前後に閉経を迎えると、この女性ホルモンの分泌量が急激に低下してしまいますね。その影響で、新たな骨が形成されづらくなり、骨量が低下してしまったりすると思っているのです。女性ホルモンの低下以外にも、加齢に伴って食欲も衰えていくので、日常の生活で摂取するカルシウムの量が自然と少なくなって言ってしまうのも骨粗鬆症の原因の一つでしょう。それに、さいきんでは、偏食や極端で過激なシェイプアップ、喫煙や飲酒の習慣が原因で若い女性にも骨粗鬆症がたくさんみられるようになってきました。骨粗鬆症を予め防ぐ為に、常日頃からカルシウムやビタミンを意識しつつ摂取するといいですねー